Works 防爆工事

  1. トップページ
  2. 事業案内
  3. 防爆工事

危険物取扱場所の安全な環境づくりのパートナー!!
近年、工場や倉庫では各種の可燃性ガスや引火性液体を取り扱うことが普遍化しており
その取扱量や態様は業種や作業によって異なります。
しかし、それらが大気中に漏洩して空気と混合する状態となれば、
爆発や火災を派生させる恐れがあり、同時に着火源があった場合に着火し、爆発や火災が発生します。
そうなれば、極めて大きな被害となり、経営上、社会的に、企業として継続が危ぶまれる事態になることも考えられます。
したがって、防爆電気設備は企業として重要な課題であることに間違いありません。

我々、小川電設は危険物倉庫や化学工場などの可燃物を原料とした製造や保管場所での
工事実績が多く、防爆電気設備の設計~工事~メンテナンスと一貫したサービスを
提供することで、安全環境をつくる為のパートナー企業を目指しています。

防爆電気設備とは

工場や倉庫等の施設で可燃性のガスや蒸気、粉じん他を扱う場合に必要な電気設備を
防爆電気設備と称されます。
一般的に爆発及び火災は可燃物が着火源によって着火する事で発生し、
その着火源には電気設備から発生する電気火花や電気熱が含まれます。
これらを着火源として作用しない技術的対策を防爆構造化と呼び、
可燃物が放出・漏洩する可能性がある施設・設備を安全に使用できる環境つくりが目的です。

爆発(火災)の発生

着火源にしないために
メンテナンス

防爆電気機器は一般の電気機器と同様に、年月の経過とともに劣化していきます。
特に防爆電気機器は、電気機器としての本来の機能寿命と防爆性能寿命が必ずしも同一とは限りません。
防爆性能寿命が本来の機能寿命より短い場合に着火源となる
状態で使用される危険があるので、機器の機能とともに防爆性能の維持する為に、
計画的な点検保守を行う必要があります。

電気工事 for 食品工場の強み

食品工場の電気工事における
多様なお客様のニーズを満たし、
環境に適合した計画・装備・工法で
更なるお客様の価値を創造いたします。
兵庫近郊の方は是非お気軽にご相談ください。

電気工事 for 特殊倉庫の強み

特殊な機能をもった倉庫は、
ニーズによって多様な機能を求められます。
私たちは今まで培った電気工事の経験と技術力で
最適な倉庫機能を創造します。
兵庫近郊の方は是非お気軽にご相談ください。