電気工事

電気工事

豊かな地域社会づくりを目指す電気工事事業。
店舗、工場、公共施設をはじめ、危険物取扱施設などの特殊設備も対応。
高付加価値技術で安心・安全をご提供しています。

電気工事の種類

自家用電気工作物

自家用電気工作物

一般用電気工作物

一般用電気工作物

建築設備診断技術者

「建築設備診断技術者」の資格を所得し、診断を実施いたします。建築構造物の耐用年数は、通常60年と言われておりますが、建築電気設備の寿命は建造物に対して、2回から3回のリニューアルが必要になります。
物理的劣化、環境変化や快適性の観点も含めた総合的かつ質の高い内容も要求され、その他にも建築基準法や電気設備技術基準の改定による対応も必要になります。
省エネ化やライフサイクルコスト(生涯費用)など、総合判断を行うと共に、過去のデーターをもとに、お客様に提案をする電気設備のエキスパートです。

建築設備診断技術者

危険物取扱施設での対応について

施工計画
  • 危険場所の分類(0種・1種・2種)に適した材料を選択し、防爆工事の施工を行う。
施工
  • 危険物取扱施設内での電気工事の施工の際は、火気・火花の出る作業の禁止を徹底しています。
  • 周囲の養生等を確実に行い、鉄粉・粉じん等を設備に混入しないように細心の注意を払います。
  • 電気設備への配線工事は、接続部が完全に遮断されるように専用防爆付属品を使用します。
防爆施設

電気工事の実績

電気工事の実績・事例をもっと見る

  • 施工管理・制御設計の実務経験者募集
  • 三和建設グループ
  • 「使える建物」を建てるための3つの秘訣